« 琵琶湖釣行記(2010年7月18日) | メイン | 琵琶湖釣行記(2010年8月13日) »

2010年8月 4日 (水)

和歌山釣行記(2010年8月1日)

盆休み前の仕事MAXでアップが遅れ気味・・・

 

今日はPLの花火sunsunsun

午前中の子供の用事を終わらせて嫁&チビ達は早くも花火のBQの用意に大忙しhappy01

僕は蚊帳の外なんで花火が始まるまで思い切って和歌山へ釣行して来ました。

今回はスピニング1本勝負。数釣り希望っすscissors 万が一の大物に備えてPE0.8号に巻き替え済shine

 

昼の2時頃からN池でスタートです。

散々叩かれてると思ったのでハドルフライのDSからスタート。

堰堤側で丁寧に探るもチビッコ2匹のみwobbly

 

1

 

2

 

カバーに居てるかもとシャローのヒシ藻カバーにダイナゴン3”をネイルリグで隙間に落としていく。

 

やはり居てましたnote

 

3

 

オダのあるヤバそうなところにも落としてみると・・・

540up

ゲロ痩せ40UPcoldsweats01

 

ミスバイトとかもあってワームが無くなったのでハドルフライのDSで同じ様に探ってみたら・・・

4

まだまだ居てましたhappy01

 

ここでカバーは打ち止め。。。

 

なんかスピニングでもイマイチな釣果ですわ。

池を観察してたら水面付近をコバッチが泳いでるんでレインボーシャッドのピクピク投入。

これが連続バイトもバスがちっさいのか自分のフッキングが悪いのか連続バラし。。。

ピクピクを諦めて風神スパイダーにチェンジ。

これが大当たりnote

 

M6

1匹目

M7

2匹目

M8

3匹目

M940up

4匹目40UP

 

同じポイントから4連続ヒットsign03  オモロかった~happy01

 

ここでN池終了。

MHに行くついでにサクっと・・・

9

10

11

コイツはまあまあ引いて楽しかったっす。40は無かったです。

 

MHに着くと流れ込みは先行者が居てたので堰堤側からスタート。

 

ここではムシ系よりピクピク系の方が断然反応が良かった。同じ様な感じでも反応が極端に違うので勉強になりました。

ただトップにはコバッチがめっちゃ反応するのであえてジャバロンのネイルリグで中層からボトムをゆっくりチェック。

すると頻繁にあるギルバイトからバスのバイトnote

 

12_2

まあまあ35ぐらい

 

それから それから

13

30ちょい

 

1440up

出ました40ちょい

 

1540up

連続40UP

40UPでも42まで。

金太郎状態でした。

 

でもスピニングで強引にやり取り出来て面白かったです。

PEは最初に感度良すぎなんでバイトの取り方が難しかったんですが、慣れたらかなり強気で攻められるんで頼もしいですね。PE用にロッドを新調したいですわ。

しかし今年の夏はホンマ暑過ぎっすわcrying

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348953/24805021

和歌山釣行記(2010年8月1日)を参照しているブログ:

ウェブページ

Powered by Six Apart
Member since 07/2008