« プチ釣行記(2010年7月11日) | メイン | 和歌山釣行記(2010年8月1日) »

2010年7月23日 (金)

琵琶湖釣行記(2010年7月18日)

やっと追いついたsun

 

今月は自分の誕生月なんで、帰りの時間を気にする事無く、釣りに行ける唯一の釣行が7月。

ほんで行って来ました琵琶湖note

今年は超久し振りに南湖へ。 ここ2年ほど北湖やったんやけど。楽しみですわ~

 

5時前に「ランカーハウス テラダ」からスタート。 ボートは免許不要の11f 2馬力 エレキ付きです。しかしこれがクソボート・・・ エレキのロックが壊れてる様なのでMaxスピードにすると暴れ倒して危ないっすannoyannoyannoy

 

まだ少し暗くて水質等イマイチ分からないので沖に出てPOPMAXの乱れ撃ち(笑)

1回「ガボッ」っと出ましたが喰い損ねで釣れんかった・・・

その後も水面系で探るもノーバイト。

ハード系巻物はウィードで釣りにならんので封印。 オールドモンスター10”のライトテキサスでマキマキ。 玄人さんやとウィードの種類や生え方なんかでええウィードなんかを探せるんやろうけど自分には分からん。。。

2時間ほどノーフィッシュの時間が過ぎて暑くなって来たgawk

ここでエ〇吉さんからTELが・・・ 琵琶湖情報聞きましたが2馬力ボートでは行ける様なポイントちゃいました(笑) 六本柱?遥か彼方に見えます。 浜大津? ホテルは見えるけど特攻釣行で帰りはガス欠やんcrying

「パンチングがええで!」の言葉でシャローのマットカバーを探してウロウロ。

エエ場所を発見しました。しかしバスボートもいっぱい狙ってる。

ちょっと邪魔にならんところでナンチャッテパンチング開始。 ところがイキナリ1投目から「ガツンsign03」っとバイト。 思いっきりアワせましたがダイナゴンがズレてるだけでしたsweat02

パンチングじゃこのバイト1回きりでした。

 

ここからあんまり移動出来ないので井筒沖からスタート付近のラインをうろついてました。

ホンマにバイトが無いのでスピニング解禁note ハドルフライのDSでドラッキング開始。

すると待望の初フィッシュ。結構引くので40ぐらいかと思いましたが35前後(笑) 

Bwk1

やっと釣れたshine

 

ここから調子に乗ってスピニングオンリー(爆)

ふと注意深く湖面を見てるとちらほらと水面までウィードが伸びてパッチ状になってる箇所があったので、その際へハドルフライのDSをキャスト。

っと同時ぐらいに強烈バイトsign03 ウィードから引き離す様にスウィープに合わせたんですが一瞬でラインブレイクsweat02sweat02sweat02

「やってもうた。。。」 気落ちしつつ、また同じ様なポイントを回る。 

そしたらまたバイトhappy01 今度は何とかキャッチの成功。

Bwk2

細っ! これでも35ぐらいあるんですわ。 なんか知らんけどよう引くわ。琵琶バス。

日頃の野池のバスとは2段階ぐらい引きが強い。

 

午前中は結局この2匹だけ・・・ 

ちょっと休憩して午後の部スタート。

ガソリンもバッテリーもあまり無さそうなんで4m前後のウィードエッジを風上から風を利用してのんびりと釣って行く。

エリ跡まで来たらまた風上へ行っての繰り返し。 エコですわ(笑)

しかしこの釣法が当たったpunch

ギルバイトのある場所でしつこくシェイクしてるといきなり「グングン」っと持って行かれる様なバイトがあって調子良く2匹ゲット。

Bwk3

 

Bwk5

釣れたのはエエけどサイズがイマイチ。

 

でも、この釣法しか5時まで動力を持たす事が 出来ないのでおもんないけど続けました。

昼から風が出て来て2馬力船やと結構キツイ。めっちゃ怖いですわ。

風が出て来てからよもやのバイト連発。しかし連続ラインブレイク。。。泣けますわ。。。

タックルが野池じゃ50近いのでも浮かせれるロッドがガンガンのされて「ブチッ」 最悪ですわ。

そんな中何とか40近いのをゲット。

Bwk61

 

Bwk62

40アップって完全に思ってたんですが測ったら39cm(笑)

持って来たタックルで獲れるのがこのサイズでした。

これ以上のは獲れんかった。

ベイトフィネスにしてやってみたけどフック伸ばされてバラし・・・

フラッシュJのノーシンカを投げまくりでバイト1回あったけどスッポ抜け。

コイツも強烈なバイトやったんでフッキング出来んかったのが悔しいっすわ。

 

とにかく今回の琵琶湖釣行では打ち負かされました。。。

来年もし来る事があればタックルを替えてリベンジしたいです。

来年までお金を貯めとこ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348953/24741181

琵琶湖釣行記(2010年7月18日)を参照しているブログ:

コメント

やはり琵琶湖はタックルから変えないと太刀打ちできませんか~wobbly
エバ吉さんがよく言ってますもんね~。

清水さん、いやいや参りました(>_<)
最初は大丈夫と思ってましたがコテンパンにやられると専用タックルが欲しくなりますわ~
お金が無いけど(笑)

おはよ!
あはは
のされちゃいましたか!
居るからね、、、、デカイのん。

秋でも行きますか~?

それだけ釣ったら十分ですやん~。
僕はいつ行っても全然釣れませんわ~。
さ~て、今年はいついこ??

エバ吉さん、ドラグ緩めたらガンガン突っ込まれてウィード化けになるし、締め過ぎるとラインブレイクが怖いし・・・
難しいっすわ~
強引にやり取り出来るタックルが要りますね。
秋ですか? 1日釣行はちょっと難しいかも知れません^^;

てるさん、僕が行った時の琵琶湖は沖はニゴリが入ってて比較的岸際のウィードやマットカバーなんかに付いてる状況でした。
って色んなところからの情報通りでラッキーでしたわ。
 
バスが居るか居ないかスピニングでフォローも必要やな~と思った今回の釣行でした^^
 

琵琶湖は一人ではかなり難しそうですね。
ヘタに動いたらマリーナに戻れなくなりそう(^^;)

暑い琵琶湖お疲れ様でした。
琵琶湖で数釣りなんてしたことないや^^;
ライトリグ頑張っても全くでしたし。。。

けんいちさん、ボートがボートやから遠くまで行けないので動力の確認さえしとけば大丈夫ですよ。
風が吹いたら厄介です。
小さいボートはかなり怖いですわ(笑)
エレキ踏んで進まん時があります。

ぼたちゃん、ライトリグはかなりセコいリグでした。
でも釣れる時はセコ釣りでもデカイの釣れますわ。
 
かなりスローに忍耐の釣りでした。
出来ます???(爆)
 
多分、こんな釣りせんでも釣ってる人はベイトでもぎょうさん釣ってるでしょうね。

コメントを投稿

ウェブページ

Powered by Six Apart
Member since 07/2008